明日って今だよ

※個人の感想、考えです

そうかあ

今日、ヒプノシスマイクのCDを買いに行った。街1にあるアニメイトにはなかったので、次に、そこから徒歩30分の街2のタワーレコードに行った。

もともとCDより本にお金を使ってしまう性分なので、タワーレコードのアニメ系の作品棚には、店内をぐるっと回ってから辿り着いた。CDは意外にもオタクジャンルとして排斥されてはおらず(※普段オタクジャンルが排斥されているというのはきっと偏見であり、勝手に被害者意識を持っていて申し訳ない)、オリジナルのPOPまで掲示されていて、感動した。知り合いを見つけたように嬉しくなった。

そして思い出したのだ。

 

私がある街を好きな理由って、(もちろん避けられない事情で住むことになってから、街を好きになる努力もしたわけだが)、

・自分の好きなものを「好き!」と言っている人がいたこと

・好きなものが大切にされている場面に出会う頻度が高かったこと

・何より最高のアドバンテージとして、もともと好きな作品が、作中でその街を登場人物の一人が住む街として選んだこと

 

ほーん。これだけじゃん。

逆に、これを達成すれば、住みやすい街になるのか……?それなら、自分の行動次第で街の価値は変えられるじゃん。

3番目はまあどうしようもなくても、上2つはなんとかなりそうじゃない?なんとかならなかったらネットの海に行くけど…

あとは自分が欠点をどのくらい受け入れられるかによると思う。結局街って、人の集合体だし、大事なのはパンツの中身(人)だって、私の好きなラノベも表紙で言ってたよ。

(『声優のたまごが、俺の彼女だったようです。~ぱんつの中身は大事です!~』をまた読みたい。……ハッ!もしかしてこれは大事 だいじ と読むのではなく、大事 おおごと か…!!?)(でもこのラノベ、読むと前向きになれるから、何回も読んでました。今は手元に無いけど…)